だんち

多趣味な主婦があれこれしたことを綴る、暮らしのネタ帳

だんち

丼タレがなくてもできる、豚丼【ご飯もの】

スポンサーリンク

こんにちは、今日も今日とてズボラなだんです。

うちには無類の豚丼好きの夫がいまして。

隙あらば晩ご飯は豚丼!とリクエストしてきます(笑)

そして豚肉を買ってきたのは良かったのですが、肝心のタレがない!

常備してる豚丼のタレ、使い切ったのにメモするのを忘れていました(°_°)

 

そんなわけで今日は

【家にあるタレで丼タレを代用した豚丼】

です。

 

【味付けをひとつの調味料で済ませるご飯支度】

がテーマですが、今日は2つ使います!

 

 

豚丼

f:id:ara2q76:20200601234141j:image

 

材料 2人分

  • 豚ローススライス 300g
  • すきやきのタレ 大さじ6
  • めんつゆ 大さじ3
  • 千切りキャベツ(お好み)

※豚肉は切り落としでもいい、豚丼用スライス肉でも、なんでもOK

※すきやきのタレとめんつゆは、おおまかに2:1くらいで作るとおいしいです。計るのを忘れてだいたいの量で書いたので、足りなさそうなら増やしてください、ごめんなさい!(>人<;)

 

作り方

  1. すきやきのタレとめんつゆをボウルにあわせておく。
  2. 豚肉を好みの大きさに切って焼き、両面焼けたらタレを入れて、煮からめる。
  3. どんぶりにご飯をよそって、好みで千切りキャベツを敷く。その上に肉を並べて、フライパンに残ったタレをかける。できあがり。

 

野菜が欲しかったので、ご飯の上にキャベツを敷いてみました(^^)

 

ひとこと

豚肉はビタミンB1が豊富で、疲労回復効果が期待できます。

キャベツに含まれるビタミンU(キャベジンとも呼ばれています)は、胃の炎症を回復させる働きを持っています。

 

コロナ疲れや、急な暑さで胃の調子が変だな〜という方、豚丼を食べて元気だそう!!

 

 

【本日の調味料】すき焼専科&かつお厚けずりつゆ

f:id:ara2q76:20200602125112j:image

メーカー:ヤマサ

商品名:すき焼専科

価格(税抜):198円(購入時)

メーカー:ワダカン

商品名:かつお厚けずりつゆ

価格(税抜):98円(購入時)

 

ワダカンのはたまたまドラッグストアで見つけたのを買って、おいしかったのでずーっと使っています。

スーパーでは見たことないような…。

 

以前はヤマサの昆布つゆを使っていたのですが、もう少し甘いのがいいなーと思っていつもみりんを少し足して味つけしていました。

ワダカンのつゆはヤマサより少し甘め。

北海道産の昆布を使用と書いているので、ちょっと地元贔屓もあるかな(笑)

 

ごちそうさまでした!

 

 

おわりに

今日はレシピの他にもちょっとひとこと、添えてみました。

 

私は高校で家政科に通っていて、国語などの5教科に加えて栄養や看護・介護などの勉強をしていました。

子どもが生まれたり夫が脂肪肝を指摘されたりといったことがあって、また栄養の勉強を少しずつはじめてみることにしました!

ラクチンごはんレシピとあわせて、栄養の情報も発信できるように頑張りますね♪

ではまた!

 

▼つけあわせに、きゅうりの浅漬けはいかがですか♪

hoot2.hatenablog.com

プライバシーポリシー / お問い合わせ